2018年フリースタイル競技A部門採点項目変更について

2017年世界大会より、国際ヨーヨー連盟フリースタイル競技の採点項目が変更になりました。

それに合わせ、2018年ジャパンヨーヨーリーグより、フリースタイル競技A部門の採点項目も変更となります。

変更内容は評価点に関する項目のみで、以下の通りです。出場予定の選手は必ず確認ください

■エクスキューション
→変更なし。
実行性。ミスの少なさ、完成度

■コントロール
→クリーンネスより名称変更。
ストリングのライン、ヨーヨーの動き、軌道の綺麗さ

■トリックダイバーシティ
→新項目
トリックの多彩さ。
・トリックの組み合わせ、行う順番によってトリックが単調にならないよう工夫できていたか。
・各々のトリックスタイルは完成度の高いものであったか
・同じようなトリックが重複しているように見えなかったか

※旧項目「バリエーション」との違い
バリエーションが「実際に様々なスタイルが行われていたか」を評価するものであったのに対し、
トリックダイバーシティは「様々なトリックスタイルが行われているように見せることができていたかどうか」
が評価ポイントになります。

■スペースユーズ&エンファシス
→名称変更のみ。
表現、動き、演技の大きさ、ステージや空間の有効利用。また、焦点の当て方や工夫。

コレオグラフィ
→「ミュージックユーズ」より音踏み、リズムなどを抽出したもの

音踏み、リズム、テンポ

・演技に音踏み、リズム、テンポをうまく合わせていたか
・トリックのテンポと、音楽のリズムが合っていたか
・トリックや体の動きを音楽に合わせているか

■コンストラクション
→「ミュージックユーズ」より構成、流れなどを抽出したもの

構成、起承転結

・音楽に合わせた起承転結、ピークコントロールなどがあったか
・音楽の雰囲気とトリックの雰囲気はあっているか

■ボディコントロール
→変更なし

■ショーマンシップ
→変更なし

以上となります。よろしくお願いします。

カテゴリー: 競技会