2017年公式大会各競技の紹介

今年度から、部門が2つ増え、どの部門に参加したらよいのか分からない、もしくはどれにでようか迷っているという方も多くいると思います。そんな方々のために、簡単に各部門の解説をしたいと思います。ぜひ大会参加の参考にしてください!

フリースタイル競技

音楽に合わせて規定の時間内に自由にヨーヨーをプレイし、実施したトリックの難易度や演技のパフォーマンス性などで順位を決める部門で、近代の競技ヨーヨーで主流となっている競技です。

フリースタイル競技 A部門

  

世界タイトル、全国タイトルなどを目指している選手はこちらの部門に参加することになります。
1Aから5Aまでスタイル別に5部門あります。それぞれに、地区・全国・世界チャンピオンがあります。
課題曲1分の予選フリースタイルのあと、上位の選手が自由曲3分の決勝フリースタイルを行います。
3分のフリースタイルをするためには、3分を演技しきるだけのトリック数と、集中力、そして成功率が必要になります。
若手ルーキーから、ヨーヨー歴20年のベテラン選手まで、幅広い選手が、ナンバーワンの座をかけて真剣にフリースタイルに挑みます。

フリースタイル競技 B部門

全スタイル混合で、自由曲1分のフリースタイルで競います。
3分のフリースタイルを用意するのは難しい。ステージで演技してみたい。フリースタイルに挑戦してみたい。という人に最適です。
小学生から、保護者世代、アクティブシニアまで、幅広い方の出場をおまちしています。
自分ができることを1分ステージで披露するだけです。腕試し、度胸試しにどうぞ。

規定トリック競技

予め決められたトリックを順番にプレイし、そのトリックの成否で順位を決める部門です。
トリックの成功、失敗がわかりやすく、競技ヨーヨーの形式として古くから親しまれている部門です。

規定トリック競技 アドバンスド部門

お題のトリックを順番に演技して、成否を競う部門です。検定のベーシックトリックSet4と各スタイルのLv1の60個からトリックが出題されます。全てのスタイルをまんべんなくできる総合力が試されます。A部門の選手も参加できるので、ほかのスタイルにおける自分の実力確認にもちょうどよいレベルです。

規定トリック競技 ベーシック部門

始めたばかりの人も、ヨーヨーをライトに楽しむ人たちにも最適の部門です。検定のベーシックトリックSet1-3から25個のトリックが対象になります。スリーパー、フォワード・パスから、ブレインツイスター、トラピーズ、インサイド・ループ程度までが課題の範囲です。失敗したところで終了なので自分の出来るところまできちんと決める正確さ、集中力がポイントです。当日受付で、参加も無料ですので、だれでも気軽に参加できます。ただ、すでにA部門に参加している上級選手は参加できませんので、ご注意ください。

チームフリースタイル

唯一複数人で参加できる部門で、音楽に合わせて2分の演技を行います。ヨーヨークラブや練習会のメンバーと一緒に楽しく参加もいいですし、A部門のライバル同士が組んで、かっこいいチームフリースタイルをするのもありです。基本、2人以上でヨーヨーを2分披露できれば、ほかに難しいことはありません。是非、みんなでワイワイ楽しく参加してください。

もちろん、世界レベルの演技を見るのも楽しい競技会ですが、せっかく来た大会です。是非、参加することで、観戦を超える楽しみを感じていっていただければ幸いです。

カテゴリー: 競技会

2017ジャパンヨーヨーリーグの主な変更点

2017ジャパンヨーヨーリーグ(地区大会)の受付が始まりました。
2016年度から大きく変わった点をまとめます。出場予定の選手は必ずルールを確認してください。

ほとんどの競技への参加には会員への申込み(保険加入)が必須となります。

フリースタイル競技各A部門・B部門、規定トリック競技アドバンスド部門、チームフリースタイルのエントリーにJYYF会員であることが必要になりました。

JYYFでは今後業界の発展、競技会の規模拡大に繋げるよう、各地でのイベントの開催、練習会の補助、検定の拡充など、様々な活動を行っていきます。

そのため、これまで、JYYFでは検定に関わる費用や、コンテスト以外での支出についても、コンテストでの収入で賄ってきましたが、今後はスポンサー様からのご協賛や、会員の皆様からいただいた会員費の一部を、ヨーヨー普及のための費用として活用させていただきます。

【保険加入の促進意図について】
金属製ヨーヨーが主流となってきた背景や、プレイヤーによるヨーヨーの技術向上とともに、ヨーヨー自体がアクロバティックかつスピーディーに動くトリックも増え、ヨーヨーによる事故、大きな怪我のリスクは年々高まっております。

現在JYYFではコンテストの実施において「賠償責任保険」(誤って他人にケガをさせたり他人の物を壊したりして、損害賠償金や弁護士費用などを負担した場合の損害を補償する保険)には加入しておりますが、同保険ではプレイヤーの過失による自らの怪我などには対応しておりません。JYYFの会員特典である「スポーツ保険」はこれらのリスクをカバーしている事から、選手の方、そして観客の方を守るために、コンテスト出場者の皆様には、2017年度以降JYYF会員への加入を必須とさせていただくことといたしました。

※JYYF会員はどの時期に加入して頂いても、毎年4月に更新になります。保険会社の規定上、大会のシーズンとズレが生じていますがご理解いただけると幸いです。

選手の皆様には負担をお願いすることになりますが、ヨーヨーの普及のため、また、よりよい大会作り・競技環境作りのため、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いします。

会員申し込みはこちら

1A-5A部門の予選では、必ず推奨曲より使用曲を選んでください。

2017年以降の地区大会予選(1分)では、CDの持ち込みが出来なくなり、全選手推奨曲から選択して頂きます。

地区大会では施設によって音楽の再生環境に制限があるケースがあり、オペレーション面で年々音響スタッフへの責任と負担が増大し、選手の演技環境への懸念がありました。

そこで2016年度のアナウンスの通り、音響に関するオペレーショントラブルの可能性を減らし、選手への影響を限りなくゼロに近づけるため、2017年度より上記措置を取らせて頂くこととなりました。

予選での演技に関して楽曲選択の自由度が損なわれる形とはなりますが、上記判断からの措置となりますのでご理解・ご協力の程お願い致します。

なお、決勝では今までと同じように、CDの提出が可能です。

使用楽曲について

フリースタイル競技A部門には早期エントリー割引があります。

フリースタイル競技A部門は、12月5日までにエントリーしていただくと、通常4,000円のエントリー費が2,000円に割引されます。各地区のエントリー締め切りまでであれば、参加地区の変更も可能です。早めのエントリーをお勧めします。

エントリーはこちら

フリースタイル競技各A部門において異なる部門への参加に限り、複数地区への参加が可能になりました。

フリースタイル競技各A部門において複数部門に出場する場合、地区をまたいでの出場が可能です(同一部門は、1シーズン1度のみです)。早期エントリー割引と合わせてご利用ください。

以下に例を示します。

  • EJ-Aで1A,2A,3Aに参加 – 可能
  • EJ-Aで1Aに参加、CJで2A,3Aに参加 – 可能
  • EJ-Aで1Aに参加、CJで2Aに参加、EJ-Bで3Aに参加 – 可能
  • EJ-Aで1Aに参加、CJで1Aに参加 – 不可

フリースタイル競技1A-5A部門

新たに「フリースタイル競技B部門」「規定トリック競技ベーシック部門」「チームフリースタイル」が開催されます。

ご来場の皆様がより参加しやすい大会にするために、「フリースタイル競技B部門」「規定トリック競技ベーシック部門」「チームフリースタイル」を新たに開催します。

フリースタイルへの挑戦として「フリースタイル競技B部門
コンテストへの挑戦として「規定トリック競技ベーシック部門
複数人でのプレイを披露する「チームフリースタイル

フリースタイル競技の部門ということで、「フリースタイル競技B部門」「チームフリースタイル」出場にはJYYF会員登録が必要になります。チーム部門出場者は全員登録が必要です。ご注意ください。

規定トリック競技ベーシック部門は当日エントリーが可能です。JYYF会員登録必須ではありませんが、可能であれば会員登録していただけると幸いです。

今まで大会参加を見送っていた方も、この機会にぜひ出場をご検討ください。

フリースタイル競技B部門
規定トリック競技ベーシック部門
チームフリースタイル

「規定トリック競技」の名称が「規定トリック競技アドバンスド部門」に変更になりました。

規定トリック競技ベーシック部門の開催に合わせて、「規定トリック競技」の名称が「規定トリック競技アドバンスド部門」に変更になりました。
ステージの上で高レベルのトリックを行うため、エントリーにはJYYF会員登録が必須となります。年齢によるクラス分けはありません。

規定トリック競技アドバンスド部門

主な変更点は以上です。今後も最新情報は随時告知していきます。
よろしくお願いします。

カテゴリー: 競技会, 運営

2016年全日本大会エントリー受付を開始しました。

2016年全日本大会のエントリーを開始しております。
締切は5月9日(月)です。

競技参加

 

5月9日(月)締切です。(規定のみ5/16)

※会員証がお手元にない場合、会員番号の欄は空欄でエントリーし、会員価格をご入金下さい。事務局にて確認します。

 

観戦希望の方やスタッフとしてご協力いただける方、コンテストにご協賛いただける方へのご案内はこちらです。

観戦・協力
カテゴリー: 会員, 競技会

競技会について

2016年度以降の競技会についての変更点です。

2016年度地区大会

出場費について

地区大会出場費は、去年から変更ありません。一部門4,000円です。
ただし、日本ヨーヨー連盟会員の方は、一部門に付き1,000円割引の3,000円で参加できます。

また、出場費の支払いにクレジット/PayPalが追加されます。

再エントリーについて

何らかのやむを得ない事情で一度エントリーした地域に出場できなかった場合、受付終了していない地区大会へのエントリーが可能になります。
(再エントリーになるため、もう一度エントリー代が必要になります)。

ステージチェックについて

ステージチェックは、ステージの広さや舞台照明のチェックなど、普段とは異なるプレイ環境で演技を行う選手のため、大会中ステージを一時的に開放し行っております。

近年、出場選手が増え、運営上どうしても多くの選手が同時にステージチェックを行わざるを得ない状況もあり、選手にとって危険な状態が続いています。また本来の主旨とは違いステージ上で本番の練習を行う選手が散見され、全選手が満足にステージチェックを行えない場面が何度もありました。同状況についてはこれまで幾度か注意喚起などを行ってまいりましたが、大きな改善はなく、JYYFでは大会運営上このままでは安全面、公平性について問題があると判断し、 2016年地区大会では以下のように運用を変更いたします。

予選のステージチェックはありません。決勝進出者のみステージチェックを行えます。
→不慮の事故などを防ぐためのやむを得ない処置となります。

イヤホン等の持ち込みを禁止し、ステージ上で音楽を流してのチェックを禁止します。
 →スタッフからの注意喚起が聞こえるよう、またステージ上での練習禁止の為の処置となります。

今まで以上に、周りのプレイヤーの方への配慮をお願いします。

以上、ご理解ご協力のほどよろしくお願いします。

2016年度全国大会

JYYF会員の参加費割引

地区大会と同様に1,000円割引があります。

渡航費補助について

2016年度全国大会(JN)優勝者には2016年世界大会への往復分渡航費補助があります。

開催部門について

世界大会で開催し、好評だったウーマンフリースタイル部門、Over40フリースタイル部門、過去開催し、復活の希望の多かったチームフリースタイル部門を開催予定です。ルールについては後日発表いたします。

全国大会準決勝参加権について

全国大会準決勝参加権を得られるのは、地区大会予選で「30点以上を獲得した」上位10名になります。他は例年通りです。

ワイルドカードについて

2016JNでは、金曜夕方にワイルドカード(30秒フリースタイル)を開催します。
ルールは世界大会と同様、個室開催の予定です。
これにより、準決勝出場権を持たない選手も全国大会に出場できます。

【重要】2017年度以降の大会について

エントリーにJYYF会員であることが必要になります。

JYYFでは今後業界の発展、競技会の規模拡大に繋げるよう、各地でのイベントの開催、練習会の補助、検定の拡充など、様々な活動を行っていきます。

そのため、これまで、JYYFでは検定に関わる費用や、コンテスト以外での支出についても、コンテストでの収入で賄ってきましたが、今後はスポンサー様からのご協賛や、会員の皆様からいただいた会員費の一部を、ヨーヨー普及のための費用として活用させていただきます。

また、現在JYYFではコンテストのために賠償責任保険には加入しておりますが、その保険ではプレイヤーの過失による自らの怪我などには対応しておりません。
金属製ヨーヨーが主流となってきた背景や、プレイヤーによるヨーヨーの技術向上とともに、ヨーヨーによる事故、大きな怪我のリスクは高まってきます。
JYYFの会員特典であるスポーツ保険はこれらのリスクをカバーしています。
そのため、選手の方、観客の方を守るため、コンテスト出場者にはJYYF会員であることをお願いします。

※JYYF会員はどの時期に加入して頂いても毎年4月に更新になります。2016年全国大会の出場費割引もありますので、2017年度地区大会出場予定の方は、2016年4月の加入をおすすめします。

なお、本件に関しましては、今後のJYYFの活動について大きく関わる事項となり、選手の皆様にはご理解をいただきたく、別途資料をご用意しております。

→JYYF 2016年度以降の活動について(PDF)

選手の皆様には負担をお願いすることになりますが、ヨーヨーの普及のため、また、よりよい大会作りのためご理解、ご協力のほどよろしくお願いします。

カテゴリー: 競技会

2016年度以降のJYYFの活動について

先日理事ミーティングを実施し、2015年度の振り返り及び来年度以降のJYYFの活動について議論いたしました。

その結果を簡単ではございますが、ここで皆様にご報告させて頂きます。

主な方針

日 本では初開催となる世界大会を終え、世間に広く競技ヨーヨーを認知してもらうためのキッカケづくりができ、またJYYFとして多くのノウハウや経験を得ることができました。ご協賛頂いたスポンサーの皆様、またご協力頂いたスタッフの皆様、そしてご来場頂いた皆様にはこの場を借りて改めて御礼申し上げます。 誠にありがとうございました。

これまでJYYFは競技会運営を主として活動を行ってまいりましたが、世界大会を終えた今、
以下2点が、2016年度の活動において重要であるという結論となりました。

・より多くの方に競技ヨーヨーを手に取っていただくための機会創出を行うこと
・どのような環境においても競技ヨーヨーを楽しんで頂けるようにするためのインフラ整備

競技会はもちろん今まで通りしっかり運営を行いつつ、さらに本格的にヨーヨーの普及のための活動に力を入れていく事を、2016年度の活動方針といたします。

イベントの全国開催

ティーチング、検定、規定競技をメインとしたイベントを全国で開催すべく計画を進めています。
練習会と連携した、地域プレイヤーのモチベーション向上を目的にしたものから、商業スペースのような場所でのヨーヨーを広く認知してもらうイベントなども検討中です。

JYYF公認記録会

JYYF公認の記録会開催を検討しています。
様々な地域で、同じフォーマットで記録を取り、全国ランキングを作成します。

JYYF公式練習会

今までにあったJYYF公認イベント/練習会とは別に「JYYF公式練習会」を募集予定です。
内容は検討中ですが、練習会の告知、費用などについて全面バックアップする予定です。

その他のお知らせ

使用楽曲について

詳しくはリンク先をご覧ください。

競技会に関して

詳しくはリンク先をご覧ください。

練習会について

先日より実施しているカレンダー運用ですが、JYYFでは公に告知のある練習会は、随時カレンダーに記載していきます。
カレンダーへの記載によって集客があったというご報告を既に頂いておりますので、カレンダーへの記載がない/記載して欲しいイベントに関してはぜひご連絡ください。
(記載NGの場合もお手数ですがその旨ご連絡ください)

また練習会に参加したいと思った方がSNSで練習会を探しやすくするため、SNSでの練習会告知にはハッシュタグ「#yoyoclub」をぜひご利用ください。

インダストリーエクセレンス賞受賞

2015全米大会にて、過去最大規模となった2015世界大会の功績が認められ、JYYF/世界大会運営チームを代表して三居がインダストリーエクセレンス賞をいただきました。
世界大会の開催/運営に携わった皆様への表彰と受け止め、この場を借りてご報告させて頂きます。

※インダストリーエクセレンス賞(Industry Excellence Award)とは、スポーツとしてのヨーヨーの発展に貢献・尽力した個人に対して、ナショナルヨーヨーミュージアムから表彰されるものです。

組織図に変更がありました

今後の活動をよりスムーズにするため、連絡/作業系統など組織図が一部変更になりました。
JYYF2016年以降の活動と共に以下資料にてご説明いたします。

JYYF2016年度以降の活動について(PDF)

また、2015年11月より上村 哲弘が新たに理事に加わりました。

以上です。今後とも日本ヨーヨー連盟をよろしくお願いします。

カテゴリー: 運営

予選・準決勝使用楽曲について重要なお知らせ

2016年以降の大会において、予選・準決勝使用楽曲について重要な変更があります。

出場予定の選手は必ずご確認ください。

1.推奨曲について

・Cranky様の楽曲について、変更があります。
・onoken様の楽曲は推奨曲から除外しました。

ご両名には長い間、JYYFの活動にご理解いただき、楽曲使用の許可を頂いておりましたが、
この数年の間に楽曲の権利関係において変更があったため、楽曲リストを更新させて頂きました。

・AS RECORDS様の楽曲を追加しました。

AS RECORDS様の楽曲を使用する場合、CDの持ち込みは必要ありません。
※楽曲はJYYFサイトよりダウンロードできません。各販売店様でCDを購入し、入手して下さい。

・楽曲を募集しております

推奨曲として使用許可を頂ける、または楽曲をご提供頂ける方がいらっしゃいましたら、
お手数ですがJYYFまでご連絡をお願い致します。

お問い合わせフォームはこちら

JYYF推奨曲

2. 2016年以降の全国大会準決勝について

今まで通りJYYF推奨曲の使用を推奨します。
ただし2016年度より、「参加費+1000円」の追加料金をお支払い頂くことで、
準決勝から各権利団体管理の楽曲の使用ができるよう変更いたしました。

※権利クリアした楽曲(著作権フリーなど)に関してもCD提出には一律「参加費+1000円」が必要となります

なお、決勝では今までと同じように、追加料金無しでCDの提出が可能です。

3. 2017年以降地区大会予選使用楽曲について

・2017年以降の地区大会予選(1分)では、CDの持ち込みが出来なくなり、全選手推奨曲から選択して頂きます。

地区大会では施設によって音楽の再生環境に制限があるケースがあり、
オペレーション面で年々音響スタッフへの負担が増大しております。
そこで今回、音響に関するオペレーショントラブルの可能性を減らし、
選手への影響を限りなくゼロに近づけるため上記措置を取らせて頂くこととなりました。

予選での演技に関して楽曲選択の自由度が損なわれる形とはなりますが、
上記判断からの措置となりますのでご理解・ご協力の程お願い致します。

なお、決勝では今までと同じように、CDの提出が可能です。

4.その他

他にも来期よりJYYFの方針として、様々な決定、変更がありますが
今回選手に大きく影響がある「楽曲」についてのみ先行してご報告させていただきました。
その他事項につきましては、後日まとめてご報告させていただきます。

以上、選手の皆様には一部ご負担をおかけしますが、
皆様のご理解、ご協力をよろしくお願いします。

カテゴリー: 競技会, 運営

【重要なお知らせ】2016JN日程変更のお知らせ

業界内外で開催される各種イベントについて改めて調査し、日程を考慮した結果、2016JN(2016年全日本ヨーヨー選手権大会)の日程を5月28-29日に変更させていただく事となりました。
会場に変更はございません。
各所ご迷惑をおかけしますが、ご確認のほどよろしくお願いいたします。

詳細はトップページの「今後の競技会及びヨーヨーイベントの日程と会場」をご覧ください。

カテゴリー: 未分類

ヨーヨーイベントカレンダーについて

全国のヨーヨーイベントカレンダーを設置しました。
http://www.jyyf.org/
http://www.jyyf.org/event-list

練習会やデモイベント、ヨーヨー教室など、営利、非営利を問わず掲載していく予定です。

ぜひイベント申請フォームよりご連絡ください。
http://www.jyyf.org/about-jyyf/event-form

また、Googleカレンダーのシステムを利用しているので、ご自身のWebサイト等に埋め込むことも可能です。

ぜひご利用ください。

カテゴリー: 運営

WYYC2015とアイドル「仮面女子」さんとのコラボが決定!

JYYFが主催となるWORLD YO-YO CONTEST 2015と、秋葉原を拠点に活動するアイドル「仮面女子」さんとのコラボが決定しました。

仮面女子

現在、様々な企画が始動中です。
続報は2015世界大会公式サイトのブログでお知らせします。

仮面女子公式サイト:
http://www.alice-project.biz/kamenjoshi

カテゴリー: 未分類

産経ニュース”「昭和」の玩具鮮やかに進化…「競技ヨーヨー」 観客魅了するパフォーマンス 日本は強豪国”

sankei20150616

産経ニュースでヨーヨーの記事が掲載されています。
先月行われた全国大会や、8月に東京で開催予定の世界大会のことも書かれています。

産経ニュース (2015.6.16 10:55):
「昭和」の玩具鮮やかに進化…「競技ヨーヨー」 観客魅了するパフォーマンス 日本は強豪国
http://www.sankei.com/life/news/150616/lif1506160009-n1.html

カテゴリー: 未分類